2019 後期(学部生向け)言語学・応用言語学講義 II

連絡事項がある場合には、Moodle からメッセージを送ります。

講義題目

 日本語研究の基礎

授業目的

 この授業では、実際に日本語を材料として統語論の研究を進めていくための基礎技能を身につけることを目標とする。予備知識は必要としない。

 この授業の中心にすえられている作業は、
  1. 自分で関連する例を集め、
  2. データを整理し、
  3. 一般化を目指す
ということである。そのために、予習課題として、授業内容と関連する作業をまず自力で行ってもらう。授業では、予習課題の作業の中で出てきた問題点を取り上げ、討論もまじえて進めていく。その過程で、統語論研究において留意しなければならないことや知っておかなければならないことが浮き彫りになればと考えている。(予習課題提出に関する詳しいことについては、下の項目を参照のこと。)

 整理した結果が参考書等の記述と一致している必要はないが、最低限了解しておくべき点については少し解説する。ぜひ理解しておいてほしい事項に関しては、授業の開始時に行う復習テストで確認していく。これは、出欠確認を兼ねており、細かい得点化はしないが、よっぽど出来の悪いものは区別したいと思っている。

 また、授業で説明したことを定着させるために、レポート課題に取り組み仕上げてもらう。レポート課題は、下の表に提示してあるように、たくさんの選択肢があるので、自分の興味に応じて、最低1つを選び、取り組んでほしい。(レポート課題提出に関する詳しいことについては、下の項目を参照のこと。)

教科書

  • 益岡隆志・田窪行則 (1992) 『基礎日本語文法 改訂版』 くろしお出版。 \2300。

参考書

  • 上山あゆみ (1991) 『はじめての人の言語学 〜ことばの世界へ』 くろしお出版。 \2300。
 授業の内容には、上記の本の2章と3章の内容が含まれている。ただし、授業で直接この本を用いることはしないので、必要ないと思えば買う必要はない。
  • 庵 功雄 (2001) 『新しい日本語学入門 〜ことばのしくみを考える』 スリーエーネットワーク。 \1800。
 授業で紹介する考え方と必ずしも同じではない部分もあるが、一読すると、日本語の仕組みについての全体像がバランスよくつかめると思う。各項目ごとに参考文献も丁寧に紹介されているので、さらに考察を進めたいときにも役に立つだろう。

単位の認定と評点について

  • 学期末試験は課さない。
  • 単位は、各種課題と授業の参加状況に基づいて判定する。

授業内容

(更新日:2019.08.13)
第1回 2019.10.03.
内容 この授業の目標について
授業の進め方についての説明
教科書 序論 pp.2-5
第2回 2019.10.10.
内容 単語とは? −−自立語 付属語 複合語 和語 漢語
教科書 品詞と語の構造 pp.8-11;接辞 pp.62-68;補説 pp.69-72;慣用句 pp.178-179
第3回 2019.10.17.
内容 品詞の区別
教科書 動詞 pp.12-20;形容詞 pp.21-24;判定詞 pp.25-28;助動詞 pp.29-32;名詞 pp.33-37;指示詞 pp.38-40;副詞 pp.41-48;助詞 pp.49-54;連体詞 pp.55-56;接続詞 pp.57-59;感動詞 pp.60-61;
第4回 2019.10.31.
内容
教科書
第5回 2019.11.07.
内容
教科書
第6回 2019.11.14.
内容
教科書
第7回 2019.11.21.
内容
教科書
第8回 2019.11.28.
内容
教科書
第9回 2019.12.05.
内容
教科書
第10回 2019.12.12.
内容
教科書
第11回 2019.12.19.
内容
教科書
第12回 2020.01.09.
内容
教科書
第13回 2020.01.16.
内容
教科書
第14回 2020.01.23.
内容
教科書
第15回 2020.01.30.
内容
教科書